COMPLIANCE

コンプライアンス

コンプライアンス基本方針

メディアミックス研究所は、コンプライアンスの実践を経営の最重要課題の一つと位置づけ、コンプライアンスの徹底は、経営の基盤であることを強く認識し、企業活動において求められるあらゆる法令等の遵守はもとより、企業倫理を実践し誠実かつ公正で社会に貢献する企業活動を遂行します。

制定 2005年12月6日

株式会社 メディアミックス研究所
代表取締役 山西 和昌

コンプライアンス基本方針に基づく同意事項

メディアミックス研究所は、常にお客様の立場に立って業務を推進しておりますが、当社コンプライアンス基本方針に基づき、以下に該当するご依頼につきましてはお断りさせていただいております。
また、業務受託後であっても、以下の事実を確認した時点で業務を打ち切らせていただき、それまでの業務遂行に要した費用を精算させていただきますことをあらかじめご了承ください。

  • 公序良俗に反するもの
  • 犯罪、反社会的行為に結びつく内容のもの
  • 未成年者に対し悪影響があると判断される内容のもの
  • 第三者の財産、信用、プライバシーを侵害し、または侵害する恐れのある内容のもの
  • 人権侵害や特定人物・企業、組織等への誹謗中傷を行なう内容のもの
  • 特定の思想・宗教を攻撃する内容のもの
  • 知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権等)を侵害または侵害する恐れのある内容のもの
  • 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為、および公職選挙法などの法令に抵触する内容のもの
  • わいせつ・卑猥な映像、画像、音声、文字情報等が含まれる内容のもの
  • 法令に違反した事業内容のもの
  • その他、当社コンプライアンス委員会が不適切と判断する内容のもの